2013年07月13日

男がハマってしまう"いい女"のツボ〜後篇〜








こんにちは!それでは前回の続きです。


その11: 縛らない

浮気されたくないからといって束縛はNO!メールをチェックしたり執拗なまでの行動チェックも嫌です。相手を信頼して尊重してくれるのが大切なツボです。

その12: 細かいことに口出ししない
男は母親のような女性を求めていますが、小言を言う母のような態度は嫌いです。かまってくれるのもほどほどに。タイミングのいいアドバイスなら嬉しいです。

その13: 重すぎない愛

ラブラブ光線も時と場合によってはウザくなります。精神的に縛られそうな重い愛情表現は逃げ出したくなります。追いかけるくらいがツボ。

その14: 時々BOSSになる

いつもいつも男のペースに合わせるばかりじゃ、それはそれで刺激がないと思ってしまいます。時には彼女が引っ張ってくれると付いていけます。命令口調もツボになるかも。

その15: 恋人だけに見せる顔
他の人には見せない部分を自分だけに見せてくれると、非常に嬉しいものです。弱さだったり甘えだったり母性だったり・・ちらっと出してくれたらツボになります。












その16: 二人でいる時の素顔

女性が思うほど男はスッピンが嫌ではありません。むしろ子供のような素顔がカワイイと思えることも。ケバいのはダメですよ。

その17: 得意料理が結構ある

やっぱり食べものは心をも満たしてくれるのです。煮物ができる〜なんて言わなくても、ササッと作る手際のよさがツボになります。

その18: 花の名前が言える
普通に道を歩いていて普通に「あ、○○が咲いてる」なんて言うと結構ツボかも知れません。チューリップや桜みたいな誰もが知っている花以外ですよ。

その19: 敬語が使える
当たり前ですが常識のない女性は無理ですね。親に紹介できるかと考えた時、このへんの常識は必要でしょう。綺麗な敬語を話せる彼女は魅力的です。

その20: 男を立てるどうしたって日本の男はプライドがあって、つまらなくてもそのプライドを守りたくなります。そこを理解してくれてさりげなく下がってくれると「自分には彼女しかいない」と思ってしまうのです。



いかがでしたか?人によってツボの違いはありますが、やっぱり共通して言えるのは一緒にいて居心地のいい女性ということです。

だからこんな風に気遣って、付かず離れず見守って、ツンツンデレデレしているのに、それでもよそ見する彼氏なら・・もう断捨離しましょう。笑









posted by あんも at 00:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。